くるサーチ南東北

南東北の物産情報

宮城県は、
豊かな自然に恵まれた食材の宝庫。

蔵王連峰などの山の幸、石巻・気仙沼・塩竈などの海の幸、仙台牛に果物、伝統野菜などの特産品。これらの恵みを活かした料理の数々には大満足すること間違いなし。


宮城県は、全国有数の漁業生産量を誇る。沖合は寒流と暖流の影響で、好漁場となっており、松島の養殖カキ、気仙沼のフカヒレなどが有名。リアス式海岸の三陸には、山々の森から栄養がたっぷりと流れ込み、水産物の成長を促す。自然が生み出した味を心行くまで。

寿司
仙台、塩竈、石巻、気仙沼などを中心に季節の多彩な寿司を味わうことができる。
フカヒレ
気仙沼のサメのヒレが、じっくりと自然乾燥され、三陸沿岸を代表するフカヒレに生まれ変わる。
カキ
カキ養殖のタネ牡蠣は石巻が日本一といわれている。
日本一や日本有数の食材 カキ
仙台・塩竈・松島から唐桑半島まで
フカヒレ
世界のブランドとなった気仙沼
マグロ
塩竈、石巻、気仙沼で水揚げ
クジラ
昔の捕鯨基地鮎川で知られる
サンマ
日本有数の水揚げ

仙台に来たら絶対食べたい「牛たん」。本場の牛たんは、肉厚でいて柔らかくジューシー。ブランド牛の最高峰となる「仙台牛」、養豚技術の結晶である「ミヤギノポーク」「しもふりレッド」にも注目。


仙台で生まれて全国へ「牛たん」 戦後まもなく、仙台市一番町の焼き鳥屋でうまれたといわれている。
牛たん
牛たん焼きは仙台が発祥の地とされ、市内にはたくさんの牛たん専門店がある。
ミヤギノポーク
ミヤギノポークは、きめが細かく光沢ある肉質と、やわらかでこくのある風味が特徴。
しもふりレッド
しもふりレッドは、宮城県が誇る霜降りブランド豚。宮城県畜産試験場が8年をかけて生み出したデュロック純粋種。

歴史ある「白石温麺(うーめん)」、仙台発祥の「冷し中華」など、宮城は麺類も豊富。「ずんだ餅」は仙台を代表する名物で、ずんだを使った様々なスイーツが開発されている。

冷やし中華
仙台では、いたるところで工夫を凝らした冷し中華に出会える。
白石うーめん
消化がよく、滋養に富み、独特の風味が魅力。温、冷どちらで食べても美味。
フカヒレラーメン
気仙沼名産フカヒレを使用したラーメン。
ずんだ餅
枝豆の甘みが生かされた「ずんだ」を絡めた餅は、ふるさとの味。

地域伝統の食材を使った郷土料理。それは時代と共に変化を加えつつも、伝統や文化を今に受け継いでいる。遠い過去から現代に至るまで、食を通じて感じる宮城の歴史。

はらこ飯
阿武隈川の鮭を、醤油・酒を合わせた煮汁でさっと煮て、この煮汁ではらこをさっと煮る。さらに、煮汁でごはんを炊き、鮭とはらこを盛りつけた郷土料理。
はっと汁
小麦粉を水でとき、うすくのばし、汁、カボチャ、アズキ等の好みの味でいただく、登米地方の郷土料理。
仙台雑煮
焼ハゼでダシをとりさまざまな具を餅の上に盛った仙台地方独特の雑煮。
油麩丼
登米地方に昔から伝わる食材の油麩にだし汁をしみこませて卵でとじた丼。